水泳の個別指導/アクア コーチ陣BLOG


CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
<< 『コーチを選ぶ力』 | main | 『純粋な心に触れる嬉しさ』 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
『手抜きが出来るようになったら「喜ぶべし!」』

 こんばんは、そねっちです。


今日は手抜きのお話。
「手抜き」と言うとよく叱られますね。


でも、今日は手抜きができるようになったら「喜ぶべし!」

「喜びましょう!」


手を抜く
つまり力を抜くということですね。


練習中に手を抜けるようになるには
そうとうの技術が必要です。


例えば、水泳。
2時間で5000M泳ぐ選手クラスの子供たちは
早く長く泳ぐ技術を持っていますが、
もうひとつ手を抜く技術も持っています。

しかし、ギリギリ25M泳げる人はどうでしょう。
スタートしてから壁に着くまで終始全力です。
100%の力を最初から最後まで使って泳ぎます。


選手クラスの人は異なります。
5000Mすべて100%の力では泳いでいません。
練習内容に応じ80%だったり、60%だったりと
自身で力をコントロールして泳いでいます。


時には、コーチの目を盗んで
手を抜きます。
私はよくやっていました。


どんなことでも共通しています。
手が抜けるようになったらレベルが上がった証です。

ですから、手抜きができるようになったら
「喜ぶべし!」です。


そねっちから一言
手抜きをお勧めしているのではありませんよ。
私がコーチの時には手抜きをすればすぐに見抜きます。
私自身が手抜きの常習犯でしたからよ〜く分かるんです。

| - | 00:54 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 00:54 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://aqua-sonehara.jugem.jp/trackback/9
トラックバック