水泳の個別指導/アクア コーチ陣BLOG


CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
<< 『17歳で再び水の恐怖を味わう』 | main | 『気づきは最大の効果をもたらす』 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
『継続は力なり』

 私は、過去フィットネスクラブに8年勤務していました。
専門は「スイミング」と「スクーバダイビング」でした。


今日は3年間担当していた
あるクラスのお話です。


そのクラスは、
水中ウォークングを中心とした
高齢者向けのクラスでした。


50分のコースで、
人数は15名前後のクラスです。


そのクラスである時、
70過ぎのおばあちゃんが新たにメンバーに
加わりました。

おばあちゃんは、水に対してとても恐怖を持っていました。
手すりをつかまりながら恐ろ恐ろ階段を一段づつ
ゆっくりと降りながら水に入ります。
そして、50分間手すりから動けずにいました。


他の方はいろいろな歩き方で
水中運動を行っています。


このおばあちゃんは半年間
手すりにつかまりその場で手や足を動かし
運動をしていました。


水に対して強い恐怖心を持っていながらも、
半年間1度も休むことなく通い続けました。


そして・・・・


半年を過ぎたころ、
あばあちゃんは、
「私も少し歩いてみる!」と言いました。

自ら手すりを離し
壁をつかまりながら横歩きを始めました。


その瞬間!
メンバー全員が大拍手!

私も大拍手!

私も含めクラス全員が感激の瞬間でした。

その後もおばあちゃんは、
休まず通い続け
2年後にはみんなと同じ
プログラムをこなすまでになりました。


私はそのおばあちゃんに
大切なことを教わりました。

   「継続することの大切さ」

そして
   「諦めない心の強さ」
   「続ける忍耐力」


   『継続は力なり』


「継続」するとは
苦しい時間も含まれています。
「継続」するって大変です。


これを何度となく乗り越えてこその「継続」。


だからこそ、
『大きな実り』
を向かえることができるんですね。


私は
諦めてしまいそうになったり
逃げてしまいたくなる時
が結構あります。


そんな時は、
「フーッ」と息を吐きながら

おばあちゃんの姿を思い出し
「もう少しだけ!がんばって続けてみようかな!」
って自分に言い聞かせています。

| - | 22:27 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 22:27 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://aqua-sonehara.jugem.jp/trackback/6
トラックバック