水泳の個別指導/アクア コーチ陣BLOG


CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
<< 『コーチの真の意味』 | main | 『成長の方程式』 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
『先生は上で見ているだけだからいいよな!』

こんにちは、そねっちです。


今日は、
私が過去スイミングスクールで教えていた時に
実際にあったお話です。

生徒は、小学5年生の男の子Aくん。
クラスは4種目が泳げ1時間で1200M
ほど泳ぐクラスでした。

このクラスは人数が多い(15名前後)ために
泳ぎ込みの練習の時には
私は上から練習内容の支持を出していました。


ある時、
私が「次は50M10本1分20秒サークル」
と言った後、Aくんが私にこう言いました。


「先生は良いよな!上で見ているだけで!」


と・・・


この日の練習は10分前に切上げ、
Aくん以外は自由に遊ばせました。


私は、その男の子を呼び
二人でベンチに腰掛け話しました。


Aくんは、
さっき言ったことで怒られるのだろうと
思ったのでしょう。
怪訝そうな顔をしていました。


私は怒る気など全くありませんでした。

ただ、聴きたかったことがありました。


Aくんにこう尋ねました。


私:「Aくんは、プールはどうして来てるの?」
Aくん:「小学校1年から通っているから」と答えました。
私:「Aくん水泳以外に何かやってみたいスポーツはある?」
Aくん:「ある!サッカー」


私は、この言葉でさっき言ったAくんの言葉の本当の意味を理解しました。


私:「それってお母さんかお父さんに言ったことある?」
Aくん:「ない。」
私:「どうして言わないの?」
Aくん:「なんか言いずらい」
私:「そっか。
   Aくん、プールに通えているのはねお父さんが毎日一生懸命に
   働いて、そして、お母さんもAくんのためにと思っているんだと」
A君:「・・・・・・(沈黙)」
私:「まず、その気持ちをお母さんかお父さんに伝えてみることはできるかな?
   サッカーをやらせてくれるかどうかは分からないけど
   その気持ちを伝えることは大切なことだよ。」

Aくん:「・・・う〜ん・・・でも言いずらい。」
私:「そっか。
   今日はお母さんは来ているの?
Aくん:「うん。」

私:「じゃあさ!こうしないか。
   練習終わったら先生も一緒にお母さんのところに
   言ってあげる。
   そうしたら言えそうかな?
Aくん:「・・・わかんない・・・」

私:「大丈夫。
   うまく言えなかったら先生が手伝ってあげる。」

Aくん:「う〜ん・・・わかった。言ってみる。」


と練習か終わって
Aくんと一緒にお母さんののところへ行きました。

お母さんは
始めは、何かあったのかとびっくりした表情をしましたが。

私から、Aくんがお母さんにお話したいことがあるようです。
と切り出し
Aくんの背中をポンを押しました。

Aくんは、
サッカーがやりたい。

とハッキリと自分の気持ち(意思)を伝えました。

その後、私からお母さんに今日練習中にあったこと
そして、練習後に二人で話をしたことについて
報告しました。


ようやくお母さんは状況が理解でき、
安心した表情を見せました。


お母さんは、
Aくんはずっと水泳が好きで通っているものだと
ばかり思っていた。

でも、サッカーがやりたいと言ってくれて
初めてそうでないことが分かったと・・・

そして、帰ってお父さんと相談してみよう
と言って帰っていきました。

翌週、Aくんとお母さんが私のところへ
やってきました。

お父さんと3人で話した結果、
ここまでがんばって続けてきた水泳だから、
もうひとつ上の級(最上級)まで行ってから
サッカーをやろうとAくんも納得の上で決めたそうです。

その後、Aくんは練習の態度ががらりと変わり、
目標に向かって毎週一生懸命に練習に励んでいました。

3か月後に見事最上級に進級し、
翌月退会し、新たな道サッカーへ歩んで行きました。

最後の練習日には、
お父さんもわざわざ会社を休んで見に来ていました。

練習後にとてもいい表情をした両親とAくんを見て
私も心が温かくなりました。

会員を一人辞めさせてしまう結果になりましたが、
嬉しい気持ちだったのを今でも覚えています。

練習は本人が好ましくないことをさせなくては
いけないことも多くあります。

でも、気持ちを聴いてあげることとは大切なことです。

本人の思い通りにならないかもしれないけど
気持ちを聴いてあげる。

そのゆとりを私自身、
いつも持ち続けたいものです。 

| - | 14:33 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 14:33 | - | - | pookmark |
コメント
こんにちは、曽根原コーチ

『先生は上で見ているだけだからいいよな!』

育成・選手クラスになるとそう思っている選手は多いと思います
メニューを指示すればコーチがいなくてもこなしてしまう選手が多いからです
だからといってプールサイドからコーチするだけでいいのでしょうか

私はできる限りプール内でコーチするようにしています

選手クラスはタイムアップのための練習が多くを占めるようになります
例えばプルの指1本の動作まで見ないといけなくなります
水中で確認しなければならないことだらけです

これからもよろしくお願いします

アドバンスコーチ 中野敏行
| | 2010/01/23 12:50 PM |
補足

私は長水でしたので当たり前に思っていましたが
短水ではコース内のスペース的に難しいものがあるのかもしれませんね
多くのスイミングスクールがプールサイドからの指示なのもわかるような気はしますが

アドバンスコーチ 中野敏行
| | 2010/01/23 6:15 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://aqua-sonehara.jugem.jp/trackback/19
トラックバック