水泳の個別指導/アクア コーチ陣BLOG


CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
<< 『どさんこスイマーSくん』 | main | 「あけましておめでとうございます』 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
『天使からの贈り物』
★゚・*:.。.:*・゜Merry Xmas!! ゚・*:.。.:*・゚★

メリークリスマス!
こんにちは、そねっちです。

今日はクリスマスに因んで「天使からの贈り物」
というテーマを選びました。


ある海外の物語「天使からの贈り物」を通じて
「現象面(起きていること)に囚われず本質を見る」
というお話です。


私は、以前ある海外の童話「天使からの贈り物」を
読む機会がありました。

そのお話は「先輩天使と後輩天使が人間界で修業する」
という物語です。



---------物語の簡単な説明-------------

ある2人の天使が人間界へ修行の旅に出ました。
その天使は、先輩天使と後輩天使です。

修行の内容は、出会った人間にお願いをして、
「寝る場所」と「食べ物」を提供してもらうことです。

それを通じて、
人間について学ぶことが修行でした。

先輩天使は、早速一軒目の家をみつけ
今日はここに泊めてもらうお願いを試みました。

その家は、大きなお屋敷で見るからに
大金持ちの家と分かりました。

後輩天使は、ここなら美味しい食事と
あたたかいフカフカの布団で寝ることが
できると嬉しそうでした。


先輩天使は、奥様に

今夜泊めてもらえませんか?
そして、食べ物を分けてください。
とお願いしました。


すると、奥様は怪訝な顔つきで
渋々、受け入れてくれました。


夕食は固いパン一つ、
寝床は地下のコンクリートの倉庫でした。


後輩天使は、

「なんでこんなに部屋が余っているのに
 倉庫で寝かすんだ!
それに食料だって沢山あるはずだ!」

とブツブツ文句を言いながら
固いパンをかじっていました。


後輩天使は、パンを食べ終え寝ようと思った時、
先輩天使が何かしていることに気づきました。


良く見ると先輩は、
穴のあいてる壁を直してあげていました。


後輩天使は言いました。

「なんでこんなにケチな人のために
 壁を直してあげるの?」

と・・・・


先輩天使は何も答えずに、
穴をふさぎ終え寝ました。


翌朝、二人はその家を後にし
次の家を探しに旅を続けました。


夕暮れ時に見つけた一軒。


先輩天使は、今夜はここにお願いすると言いました。


その家は、見るからに貧乏な家でした。


ドアをノックすると
中から優しい老夫婦が出てきました。


先輩天使は、
今夜泊めてもらえませんか?
そして、食べ物を分けてください。

とお願いしたところ

老夫婦は、快く家の中に招き入れてくれました。

夕食は食糧に余裕がないため、
老夫婦は自分たちの分を
半分ずつ分けてくれました。


そして、提供された寝床はなんと、
老夫婦がいつも寝ているフカフカのベッド。
自分たちはソファで寝たようです。


後輩天使はなんて優しくて良い人間なんだろう!
昨日の人間とは大違いだと思い床につきました。


翌朝、事件が起きました。

なんと、老夫婦の唯一の収入源である
乳牛が死んでいたのです。

老夫婦は、肩を落とし
とても哀しんでいました。

その状況を見て
後輩天使は先輩天使に対して
怒りました!

「なんで昨日の意地悪な家の壁を直してあげて、
 こんなにも優しくて良い人たちの大切なものが
 失われてしまうのを何もせずにいたの!
 ひどいじゃないか!」


と・・・・・


先輩天使は話はじめました


「お金持ちの家の壁を直してあげたのは、
 実は穴の奥に金貨が沢山あったんだ。
 この家の人たちは金貨を手にしても
 良いことには使われないと思い、
 壁をふさいで見つけられなくしたんだ。

 そして、昨夜(深夜)、天から召使が降りてきた。
 
 誰を連れていくのかと尋ねたら老婆を連れていくと
 言った。そこで、この老婆は私たちに自分たちの
 食料や寝床を差し出してくれたとても良い人間です。
 どうか、連れていかないでくださいとお願いをした。

 そうして、召使は変わりに乳牛を連れていくと言って
 連れて行ったんだ。」



----------------------------------------------------



私はこの物語を読んで、
いろいろなことを考えさせられ、
気づかされました。

私たちは後輩天使のように、
現象面(起きていること)に囚われてしまい
物事の本質を見る事が出来ずにいます。

そうすると、
目の前で起きていること自体に反応し、
良いか悪いかの評価を繰り返しています。

浅い現象面に囚われてしまうと、
後輩天使のように物事(起きていること)の
背景には本当の意味が隠されていることに
気づくことができませんね。

私自身も30年以上、
後輩天使のように浅い物の見方(捉え方)
しかできませんでした。

物事の本質を見抜けないと、
間違った判断、行動をしてしまうということです。


故に、後輩天使は
大金持ちの壁を直した
乳牛を助けなかった
先輩天使に対してバツをつけました。


しかし、
その行動の背景を知れば
先輩天使は正しいことをしていました。


自分の周りで起きる現象には
それぞれに深い意味があります。


物事の本質を見ずに現象面に囚われてしまうと
そのカギ(深い意味)を手に入れることができない
ということです。


物事の現象面でなく、
「本質」を見抜く力をのばしていきたいですね。


これが「天使からの贈り物です!」

素敵なクリスマスを!

☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆
| - | 12:05 | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 12:05 | - | - | pookmark |
コメント
そねっちさん、こんにちは。
こんなに年の瀬になって初めて、そねっちさんのブログで感動してしまいました。
クリスマスは過ぎましたけど、とてもいい話で心温まりました。
ありがとうございました。
| バーバラ井出 | 2009/12/28 4:25 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://aqua-sonehara.jugem.jp/trackback/15
トラックバック